04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

~自分を傷つけたくなったら 1 ~

2017/11/03
みなさん、こんにちは。
今回は、自分で自分の身体を傷つけてしまうことについて、考えてみたいと思います。


 刃物などで自分の皮膚を傷つける。想像するだけでも痛いです。しかし、診察の場ではしばしば目にします。これは決して他人事ではありません。特殊な状況や特別な人でのみ起こることでは無いのです。


 自分で自分の身体を傷つけてしまう行為は自傷行為と呼ばれています。その中でも、利き手と反対側の腕や手首に刃物で傷をつける行為が最も多くみられます。リストカットといわれますが、自傷行為の中には人に見られない大腿部や腹部を傷つける例も少なくありません。


 自傷行為をする人の中には、死にたい気持ちがつよい人もいます。一方で現状のつらい気持ちをなんとかしたい、その一心から自傷行為に走ってしまっている方も多いように思います。


『自分の皮ふを切って赤い血をみるとスーッとする』『血をみるとつらく苦しい気持ちが切り替わる』とおっしゃる人もいました。ぽっかり大きく空いた空虚感・自分を際限なく責める気持ち・他者と比べどうしようなく劣っていると思ってしまう強い劣等感・・・つらく苦しい気持ちでいっぱいいっぱいになってしまい、どうすればいいか分からなくなった時、自傷行為が始まるようです。


 自傷行為は放っておけばおさまるものではありません。簡単には解決できない心の負担があるに違いありません。・・・2につづく・・・

参考文献 
思春期のこころの病気
市川宏伸
15:50 未分類